アドセンスで目指せ月収1万円!
アクセスが集まるキーワード選定、
タイトルと見出しの作り方、記事の書き方
全てメルマガで教えます!!!
アドセンス

アドセンスのクリック単価を上げるために意識すべきポイントを紹介します!

麻倉
麻倉
この記事ではアドセンスのクリック単価を上げるために意識すべきポイントについてお話しします!

みなさんこんにちは!
麻倉です(^_^)

アドセンス頑張ってますか?
作業してますか???

アドセンスは継続すればするだけ報酬も伸びるので、僕も頑張って作業を続けています(^▽^)

アドセンスって具体的に商品を紹介しなくても、記事が読まれれば一定の確率で広告をクリックしてくれて、報酬が上がるのが何よりも強みですよね。

ですので、アクセスが集まれば集まるほど報酬が伸びるのですが、アドセンスの報酬の妨げになるのが「クリック単価」。

アドセンスは自分で広告を選べないのでクリック単価は操作することが出来ない、と思われています。
確かにクリック単価はブログ運営者が操作することが出来ないのですが、ある程度クリック単価を上げる秘訣はあると思っています。

自分で意識すべき点をおさえるだけでクリック単価を上げられるのであれば、ぜひ実践してみたいですよね(o^―^o)

今回の記事ではアドセンスのクリック単価を上げるために、僕が普段意識しているポイントを紹介します。

今回紹介するポイントをおさえるだけで、クリック単価が上がり報酬が増えるかもしれませんよ(^_^)

アドセンスで稼ぐ必須知識を
包み隠さず暴露します!

▼ メルマガの登録はこちらから ▼

アドセンスのクリック単価を上げるために意識すべき事

実は僕のメルマガでこんなご質問をいただきました。

はじめまして。Sと申します。
私もごちゃまぜやってます。
昨日のメルマガ見たんですけど麻倉さんのクリック数すごいですね!
1日最高1200近くクリックがあったってことですよね???
<中略>
最近クリック単価も下げ気味で麻倉さんのブログ見て楽天とかアマゾンとか載ってたURL全部ブロックしたんですけどうまいこと単価が上がらず結局外しちゃいました。
クリック単価も麻倉さんは月間40円くらいと知ってすごいなと思ったんですが、クリック単価上げるために意識してることって他にもありますか?

僕はアドセンスで質の良い広告を貼りたいのであれば、広告のブロックをすることを推奨しています。
詳しくはこちらの記事をご覧ください。

グーグルアドセンスの収益を簡単に上げる方法!自分でちゃんと広告を選んでいますか? アドセンスの収益を上げる方法は様々なノウハウがあります。 例えばライバルの少ないキーワードを選ぶ、ライバルサイトよりも文字量を増...

不快な広告やターゲットに合わない広告をブロックするだけで、クリック単価やクリック率が上がり、アドセンスの報酬を伸ばせる簡単な方法なので、ぜひ実践してみてください。

しかし中には今回ご質問くださったSさんのように、思ったほどクリック単価やクリック率が上がらないという方もいるようです。

そこで「僕が他にどんなことを意識してクリック単価を上げているのか」というとても良い質問をくださったので、それにお答えしようと思います。

僕がアドセンスのクリック単価を上げるために意識していることは主に3つです。

① タイトルや見出し、本文中にキーワードを散りばめる

あなたはアドセンスブログの記事を書く時に、キーワードを決めて書いていますか?

事前に決めたキーワードはタイトルや見出しに必ず含めましょう。

例えば「陣痛」がメインキーワードであれば、記事タイトルには必ず「陣痛」を含ませ、見出しにも極力「陣痛」を含ませましょう。

そして案外大事なのは記事本文で、この記事本文にも「陣痛」というキーワードを散りばめましょう。

よくやってしまいがちな失敗が、「あれ」とか「この」などと代名詞を使ってしまうことです。

「陣痛」などの狙っているキーワードがあるにもかかわらず、「あれ」「この」などの代名詞を使ってしまうとGoogleがキーワードを認識することが出来ず、広告に反映されないので当然クリック単価にも反映されなくなります。

それによりクリック単価の低下の可能性が出てきてしまうのです。

多少強引でも良いので、狙いたいキーワードは必ず記事の随所に含ませてしまいましょう。

② クリック単価が高そうなキーワードを多用する

全ての記事ではないですが、クリック単価が意識できる記事ではクリック単価の高そうなキーワードで記事を書くようにしています。

たとえば家計の話だったら「ローン」とか「借金」の話と絡めたりとか、妊婦さんの話なら「葉酸」とか「サプリ」とか、クリック単価の高そうなキーワードを記事本文に散りばめるようにしています。

そうすることでGoogleがそのキーワードを拾い、キーワードに合った広告を表示してくれるようになります。

まぁ、過度にならない程度ですけどね(o^―^o)

③ しっかりとターゲットを想定して記事を書く

これは「スマートプライシング」というのを意識しています。

Googleは広告をクリック後のユーザーの行動も追っていますので、アドセンスといえど広告をクリック後、すぐに離脱するような場合は通常のクリック単価よりも下げるという仕組みを持っているそうです。

ですので、記事を書く時は「誰に」「何を」伝える記事なのか、記事冒頭で伝えてあげて、ユーザーにマッチした記事を書くようにしています。

ユーザーにマッチした記事を書くことでユーザーにマッチした広告へ誘導することができ、広告をクリック後もしっかりと商品やサービスを申し込みや購入するユーザーが増えるのではないかなと思っています。

商品やサービスの申し込みや購入をするとクリック単価が高くなるように評価されると言われているので、ユーザーの広告のクリック後の行動も意識して記事を書くことは大切なポイントとなります。

とはいっても、クリック単価を上げようと必死になっているわけではありませんが、クリック単価を意識しつつユーザーのためになる記事を書けば自然とクリック単価が上がるのかなぁ、というような印象です(^_^)

クリック単価の高いキーワードで上位表示を狙う方法

さらにSさんからとても良い質問をいただきました。

こそあど言葉でキーワードが認識されず単価が下がったりする可能性があるとは知りませんでした。
スマートプライシングについても今まで知らなかったので参考になります!!
アドバイスくださった通りターゲット設定とキーワードを随所に盛り込むように意識していきますφ(..)
クリック単価の高いキーワードなんですが、物販とかアフィリエイターが競合していてライバル多くないでしょうか?
そのせいで今まで避けておりましたが、極力穴場を見つけて狙うということでしょうか。

クリック単価が高いキーワードはアフィリエイターが競合していてライバルが多くないのか?
これはとても良い質問ですね(^_^)

クリック単価の高いキーワードは確かにアフィリエイターがたくさんいてアドセンスでは狙いにくいですね。

特に「保険」や「借金」、「就職」や「サプリメント」なんかのキーワードは確かにアフィリエイターがごろごろいるのでアドセンスで狙うにはお勧めできないですね~。

けれどアドセンスでもクリック単価の高いキーワードを狙える原則があります。

アドセンスで単価の高いキーワードを狙う原則は以下の3つです。

この3つすべてに当てはまれば、単価の高いキーワードでも上位表示が狙えます。

たとえば「母乳育児」というキーワードでタイトルが作れないか考えてみましょう。

「母乳育児」というキーワードは検索ボリュームが3600で入札単価が125円とまずまずです。

「母乳育児」というキーワードを使うとこのような広告が貼られると期待できます。

こういった広告が貼られるとクリック単価も(おそらく)高いですし、記事内容にあった良い広告ですね。

では、「母乳育児」というキーワードで穴場キーワードを見つけてみましょう。

まず「関連キーワード取得ツール」でキーワードを広げてみます。

すると「母乳育児」が含まれる複合キーワードがいくつか表示されて、キーワードプランナーで調べると検索ボリュームが100以上のキーワードが12個出てきます。

それらキーワードのAllintitleの件数を調べると、「母乳育児 看護計画」というキーワードがAllintitle1件であることが分かります。

Allintitleの件数の調べ方はこちらの記事をご覧ください。

ライバル不在のキーワードはAllintitleで探せ!67%上位表示されるキーワード選定法 アドセンサーにとって永遠の悩み。 それは「キーワード選定」。 アドセンスで収益を上げるためには切っても切り離せない課題ですよね。...

母乳育児 看護計画」というキーワードの検索結果を見てみると、1ページ目に知恵袋があるのが分かります。

これでクリック単価の高いキーワードで上位表示を狙う3原則の

  1. 検索ボリュームがある程度あり、
  2. 1ページ目に知恵袋があり、
  3. Allintitleの件数が10件以下

がそろいました(^▽^)

ためしに「母乳育児 看護計画」で検索してみてください。

上位に表示されているアドセンスブログ、内容そんなに濃くないですよ?

とまぁ、こんな感じで探すんですけど、こんなどストレートにキーワードを狙わなくても記事タイトルや見出しに無理やり単価の高いキーワードをねじ込んでもいいです。

その方法も紹介しますね(o^―^o)

クリック単価の高いキーワードを無理やりタイトルや見出しにねじ込む方法

例えばメインのキーワードを「イチゴ」と設定するとします。

調べてみると、3月に検索ボリュームが増える「いちご 大福 日持ち」というキーワードが検索ボリュームが260で、かつAllintitleの件数が2件であることが分かります。

この「いちご 大福 日持ち」というキーワードに単価の高いキーワードをタイトルに無理やりくっつけます。

「いちご大福の日持ちする保存方法は?赤ちゃんにあげても大丈夫?」
「いちご大福の日持ちする保存方法は?食中毒の心配はない?」

このようにメインで使いたい「いちご 大福 日持ち」というキーワードでタイトルを作って、余った文字数で単価の高いキーワードをねじ込みます。

すると途端に「赤ちゃん」関連の広告が貼られたり、「食中毒」関連の広告が貼られたりします。

こうやってクリック単価を高くなるように狙ったりもしますね。
割と僕はこの手を使います(笑)

なので、冒頭の内容にもどると、アフィリエイターが狙わないようなキーワードに無理やり単価の高いキーワードをくっつけてしまえば、ごちゃまぜブログでも十分クリック単価の高いキーワードで上位表示ができるという結論です。

今回は記事タイトルで説明しましたが、これが見出しでも記事本文でもOKです。

基本的に記事の広告に影響されるキーワードは「タイトル>見出し>本文」といった感じで、タイトルに使うとより広告に影響されやすいです。

タイトルに使わなくても見出しにクリック単価の高いキーワードを使っているとその関連の広告が貼られたりします。

僕がクリック単価を上げるために意識している方法はこんな感じですかね~?

アドセンスで稼ぐ必須知識を
包み隠さず暴露します!

▼ メルマガの登録はこちらから ▼

まとめ

アドセンスのクリック単価を上げるために僕が意識しているポイントについて紹介しました。

これらの方法はあくまで僕のこれまでの経験に基づくもので、結果を保証するものではありません。
しかし、参考に実践してみて、結果を検証してみてください。

もし思うように結果が出なければ、何か他の要因があるかもしれません。
ご質問やご相談があれば、当ブログの「お問い合わせ」でお答えできますし、メルマガではより深く相談できます(^_^)

今回のSさんもメルマガからご質問いただき、丁寧に回答させていただきました(^▽^)
ツイッターでもよく話題に上がりますが、分からないことがあった時にすぐに質問できる方は報酬も伸びやすいと言われています。

もしもあなたがアドセンスで困っていて分からないことがあれば、僕であればいつでもご相談に乗ります(*’▽’)
メルマガでは特に細かくご相談に乗れると思いますので、ぜひ登録してみてくださいね(≧▽≦)ノ

 

今回の記事はお役に立てましたか? 麻倉のメルマガでは、アドセンス初心者がつまづきやすいポイントについて分かりやすく説明しています。

  • キーワードの探し方
  • 記事タイトルや見出しの作り方
  • 記事の書き方
  • アクセスや収益を爆発させる方法
  

これらのポイントについて1つでもご興味のある方はぜひ麻倉のメルマガにご登録ください(o^―^o)

マンガ付きのメルマガで楽しく購読できますよ♪

それではメルマガでお待ちしてますね♪

 

アドセンスで稼ぐ必須知識を
包み隠さず暴露します!

▼ メルマガの登録はこちらから ▼

ABOUT ME
麻倉浩二
アドセンスを中心としたネットビジネスを実践して副収入の柱を立てます! アドセンスの情報を中心に、ネットビジネスに活用できる情報を発信します! ツイッターのフォロー大歓迎です!!

POSTED COMMENT

  1. ミラ より:

    こんにちは。
    ランキングから来ましたミラです。
    アドセンスのクリック単価を上げる方法、参考になりました。
    キーワードを見出しや記事の中に散りばめていく方法、早速やってみます!

    • 麻倉浩二 より:

      ミラさんこんにちは(*’▽’)
      記事お読みいただいてありがとうございます(*^▽^*)
      ぜひ実践してみてくださいねー!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です