アドセンスで目指せ月収1万円!
アクセスが集まるキーワード選定、
タイトルと見出しの作り方、記事の書き方
全てメルマガで教えます!!!
アドセンス

アドセンスで収益を落とさない為のブログ記事の賞味期限とは?

麻倉
麻倉
この記事ではアクセスの増減に関する記事の賞味期限についてご紹介します。

こんにちは!
いつも僕のブログをお読みいただきありがとうございます!!

前回の記事ではアドセンスで爆発するキーワードの見つけ方についてご紹介しました♪

まだお読みでない方はこちらからお読みください(o^―^o)

アクセスが爆発するキーワード選定のコツを紹介します!皆さんこんにちは! アドセンス楽しんでますか~~?? 前回の記事「ブログのアクセス数が爆発した原因を調べる方法を紹介します!」では、ブ...

頑張ってキーワードを選んで、投稿した記事のアクセスが爆発すると嬉しいですが、怖いのが「賞味期限」の切れた記事のアクセスの激減。

ものすごくアクセスが集まったかと思うとまるでバブルがはじけたようにアクセスが激減して消耗してしまうブロガーさんも少なくありません。

ブログのアクセスの爆発の仕方、そしてアクセスの落ち方にはある一定の法則があります。

この記事ではアクセスの増減に関する記事の賞味期限についてご紹介します。

記事の賞味期限の法則を知っていれば、今後のブログのアクセスの増減が分かり、リスク管理もしやすくなりますよ♪

アドセンスで稼ぐ必須知識を
包み隠さず暴露します!

▼ メルマガの登録はこちらから ▼

記事の賞味期限は主に4つに分けられる

僕の経験上、記事の賞味期限は4つに分けられます。

記事の賞味期限
  1. トレンド
  2. ショート
  3. ミドル
  4. ロング

これらの違いについて詳しく説明します。

① 記事の賞味期限:トレンド

記事の賞味期限その1「トレンド」。
これは芸能ネタやテレビネタ、お祭り記事などがこれに当てはまります。

トレンドの記事の賞味期限の特徴は、その出来事の数日前、あるいは当日にアクセスが爆発し、終了すると同時にアクセスが激減します。

例えばこんな感じです。

これはあるお祭り記事なのですが、お祭りの1週間前からアクセスが集まり始め、お祭りが終了した途端にアクセスがほぼ0になりました。

お祭りや芸能ネタ、TVネタは話題になっている間はブログの記事のアクセスも集まります。

しかし、話題がなくなると同時にアクセスもほぼ0になってしまいます。

お祭り記事の場合はほぼこの特徴通りになりますが、TVネタや芸能ネタは引き続き話題になり続ければ継続してアクセスを集められる可能性はあります。

ですので基本的にお祭り記事、TVネタ、芸能ネタは一時的なアクセス源と思ってアクセスの推移を予測しましょう。

② 記事の賞味期限:ショート

記事の賞味期限その2「ショート」。
これはクリスマスや七夕など、年中行事がこれに当てはまります。

ショートの記事の賞味期限の特徴は、年中行事の日に向かって緩やかにアクセスが伸び始め、行事終了後一機にアクセスが落ちる傾向があります。

こんな感じです。

これは夏休みの自由研究の記事ですが、夏休みの間はアクセスを集めて、夏休みが終了したと同時にアクセスが激減しました。

トレンドよりも記事の賞味期限が長く、イベント終了後に一気にアクセスが減るのが特徴です。

③ 記事の賞味期限:ミドル

記事の賞味期限その3「ミドル」。
季節の食べ物や衣服などがこれに当てはまります。

ミドルの記事の賞味期限の特徴は、緩やかにアクセスが伸び始め、2~3か月はアクセスを集めつづけ、季節の移り変わりとともに徐々にアクセスが減少する傾向にあります。

こんな感じです。

季節の食べ物の中でも、特に野菜は記事の賞味期限が長く、半年もの間安定してアクセスを集めてくれる記事もあります。

季節の食べ物の記事はライバルが弱い&少ないうえに、数か月~半年もの間安定してアクセスを集めてくれるので、ライバルが強いロング記事を投稿するよりも簡単にアクセスを集めることが出来ます。

また、アクセスの減り方も緩やかなので、アクセスが激減してしまうリスクも少ないのが特徴です。

1つの記事の爆発力は弱いかもしれませんが、上位表示しやすく長期間アクセスを集められるので、積極的にミドルの記事を投稿したいところです。

④ 記事の賞味期限:ロング

記事の賞味期限その4「ロング」。
ロングの記事は年間通して変わらずアクセスを集められるのが特徴です。

こんな感じです。

時期によってアクセスが爆発することはありませんが、アクセスが激減することも少ないので、ロングの記事でアクセスをたくさん集められれば、安定してアクセスと収益を得ることが出来ます。

注目してほしいのはアクセスの「落ち方」

今回注目してほしいのは、アクセスの「伸び方」ではなく、「落ち方」なんです。

時々ツイッターなどで見かけるのが、

わーい!アクセス爆発した~♪
今月過去最高の収益だ~♪

↓ 数か月後

一時的にアクセス集まったけどあれから全然アクセス来ない。。。
アップデートの影響かな・・・?
もうアドセンス自信なくなった・・・

と、今まで集まっていたアクセスがある日突然落ちて、そこからどうにも復帰できずに落ち込んで手を止めてしまう方が結構いらっしゃるからです。

麻倉
麻倉
そのアクセス、
ただ賞味期限が切れただけかもしれませんよ?

記事の賞味期限を知りリスク対策を施そう!

もう一度、各記事のアクセスの特徴をまとめますね。

もしもあなたのブログのアクセスが激減したら、アクセスが落ちた記事が上記のどれに当てはまるか探してみてください。

アクセスの落ちた記事が「トレンド」や「ショート」であれば単に記事の賞味期限が切れただけです。

新たに記事を補充しましょう。

そして今アクセスが集まっている記事の賞味期限もチェックして、近いうちにアクセスが落ちそうな記事が多かったら、アクセスが落ちないように記事を補充しましょう。

もしも「トレンド」や「ショート」の記事のアクセスが変わってないのにアクセスが減っていたら、Googleのアップデートが行われたかもしれません。

記事の検索順位をチェックしましょう。

GRCなどの有料のツールを使って記事の検索順位をチェックしていれば、検索順位の変動によるアクセスの低下か分析することが出来ます。

ちなみに僕も数か月後のアクセスが落ちそうなので現在記事の補充を頑張ってるところです(^▽^;)

アドセンスで稼ぐ必須知識を
包み隠さず暴露します!

▼ メルマガの登録はこちらから ▼

まとめ

今回の記事のまとめは以下のとおりです。

記事の賞味期限のまとめ
  1. 記事の賞味期限は4種類ある
  2. アクセスの爆発は「伸び方」だけではなく「落ち方」をよく見よう
  3. アクセスの「落ち方」がトレンド、ショート、ミドルの記事が原因であれば記事を補充しましょう
  4. ロングの記事のアクセスが突然落ちてしまったらGoogleのアップデートが行われた可能性があります。検索順位をチェックしましょう。

ポイントは、アクセスが爆発している時こそ慎重になることです。

アクセスの爆発はいつか終わります。
そのタイミングがいつなのかを見極め、アクセスが落ちるタイミングで記事を補充することでアクセスの低下を最小限にとどめることが、アドセンスで安定的に稼ぐ大きなポイントとなるでしょう。

ちなみにこの記事を書いているのがお正月頃なんですが、クリスマスや年末の記事の賞味期限が切れて、アクセスが半分くらいに落ちています。

しかし、1月中盤を狙った記事が伸び始めているので、またV字でアクセスが回復しています。
反省点としては、お正月(1月上旬)のネタがあまり仕込めていなかったことです。

分かってはいたのですが、やはり記事の賞味期限が切れたタイミングで新たに爆発する記事を入れておかないと、アクセスは低下の道を止められません。

ですので、記事の賞味期限はしっかりとチェックして、アクセスの低下を最小限にとどめるように記事を仕掛けておきましょう(^▽^)

 

今回の記事はお役に立てましたか? 麻倉のメルマガでは、アドセンス初心者がつまづきやすいポイントについて分かりやすく説明しています。

  • キーワードの探し方
  • 記事タイトルや見出しの作り方
  • 記事の書き方
  • アクセスや収益を爆発させる方法
  

これらのポイントについて1つでもご興味のある方はぜひ麻倉のメルマガにご登録ください(o^―^o)

マンガ付きのメルマガで楽しく購読できますよ♪

それではメルマガでお待ちしてますね♪

 

アドセンスで稼ぐ必須知識を
包み隠さず暴露します!

▼ メルマガの登録はこちらから ▼

ABOUT ME
麻倉浩二
アドセンスを中心としたネットビジネスを実践して副収入の柱を立てます! アドセンスの情報を中心に、ネットビジネスに活用できる情報を発信します! ツイッターのフォロー大歓迎です!!

POSTED COMMENT

  1. take より:

    漫画もあり、記事も読みやすく、まとめもあり分かりやすかったです。一時的にアクセスが集まった記事を作れた時があったのですが分析しきれなかったので参考になりました。他の記事も読ませていただきます!

    • 麻倉浩二 より:

      takeさん

      コメントありがとうございます!
      takeさんもブログを運営されているのですね!
      ぜひぜひ他の記事も参考にしてみてください(*^▽^*)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です