アドセンスで目指せ月収1万円!
アクセスが集まるキーワード選定、
タイトルと見出しの作り方、記事の書き方
全てメルマガで教えます!!!
アドセンス

ライバル不在のキーワードはAllintitleで探せ!67%上位表示されるキーワード選定法

麻倉
麻倉
この記事ではライバル不在のキーワード選定法について解説します。

アドセンサーにとって永遠の悩み。
それは「キーワード選定」。
アドセンスで収益を上げるためには切っても切り離せない課題ですよね。
アクセスを集めるためには、

「ターゲットのことをしっかりと考えよう!」
「記事を量産しよう!」
「記事の質を充実させよう!」

などいろいろなことが言われますが、ブログでアクセスを集めるために1番簡単で1番大切なことは「キーワード選定」だと僕は思います。

どんなに記事を書いても、内容を充実させても、検索されない限りはアクセスを集めることが難しいです。
しかしブログを始めたばかりの人、アクセスが全然集められない人にとってキーワードの探し方はかなりの難題だと思います。

そこで今回の記事ではライバル不在のキーワードをだれでも簡単に見つけられる方法をご紹介します。
僕のブログのデータではこの方法を使うと、検索結果に67%上位表示が可能です。

もしもあなたがキーワード選定に困っている、アクセスが集まらなくて困っているようであればぜひ参考にしてみてください(o^―^o)

アドセンスで稼ぐ必須知識を
包み隠さず暴露します!

▼ メルマガの登録はこちらから ▼

そもそもAllintitleとは?

ライバル不在のキーワードを見つけるにはAllintitle(オールインタイトル)を使うことが最低条件となります。

でも、そもそもAllintitleとは何でしょうか?

Allintitleとは、検索したキーワードがすべてタイトルに含まれていることを指します。

Allintitleを調べる意味は、同じキーワードでどれだけのライバルが記事を書いているのか知るためです。
ライバルが多すぎるキーワードで記事を書いてしまうと、それだけ上位表示しにくくなってしまいます。
例を出しましょう。

「つわり 仕事 休む」というキーワードのAllintitleは105件です。一方で、
「つわり 仕事 休みすぎ」というキーワードのAllintitleは5件です。

105件の中で1位を目指すのと5件の中で1位を目指すのはどちらが簡単でしょうか?
言うまでもなく5件のほうが簡単ですよね。

でも本当にAllintitleが少ない方が上位表示されるのでしょうか?
僕のブログのデータを見てみましょう。

Allintitleと検索順位の相関関係

Allintitleが10件以下のキーワードと11件以上のキーワードで記事を投稿した場合の検索順位について調べました。

上記のグラフで分かる通り、Allintitleが10件以下のキーワードであれば67%の確率で1ページ目に上位表示されました。
一方でAllintitleが11件以上の場合は29%の確率でしか1ページ目に表示されませんでした。このことから、

Allintitleが10件以下のキーワードで記事を書けば67%の確率で1ページ目に上位表示されることが分かります。

少しでも多く記事が上位表示されるためにはAllintitleを調べることが必要不可欠なのです。

Yahoo!知恵袋などのQ&Aサイトは記事の順位に関係しないの?

よく投稿した記事を上位表示させるためには「検索サイトの1ページ目にQ&Aサイトが表示されるか確認しよう!」と言われますが、これは本当なのでしょうか?
結論から言いますと、

Q&Aサイトが上位表示されれば確かにねらい目のキーワードですが、それだけでは上位表示はしにくいです。

僕が購入したアドセンスの教材にも「Q&Aサイトが上位表示されるキーワードはねらい目」と書かれていたので、それを信じて記事の投稿を続けましたが、なかなか上位表示されることはありませんでした。

その理由は、Q&Aサイトが上位表示されていたとしても、同じキーワードで記事を書いているライバルがたくさんいると上位表示されにくいからです。

実は先ほど提示したデータ、どちらも「Q&Aサイトが1ページ目にあるキーワード」を必須条件としています。
ですがQ&Aサイトが1ページ目に表示されていてもAllintitleが11件以上の場合は29%しか実際に上位表示することができなかったのです。

ですから、確かにYahoo!知恵袋などが1ページ目に表示されていればそのキーワードはねらい目なのですが、ライバルが多い可能性があるというのが欠点なのです。

より確実に、高確率に記事を上位表示させたいのであれば、Q&Aサイトが1ページ目に表示されていることのほかに、Allintitleが10件以下であるという条件が必要となるのです。

Allintitleってどうやって調べればいいの?

ライバル不在の穴場キーワードを見つけるためにはQ&Aサイトの上位表示のほかに、Allintitleが10件以下の必要があるということが分かりました。
では、実際にAllintitleの件数はどうやって調べればいいのでしょうか?

Allintitleの件数を調べる方法は大きく3つあります。

Allintitleの件数の調べ方
  1. 手作業で1つ1つ件数を調べる
  2. 有料のキーワード選定ツールで一括して調べる
  3. Googleスプレッドシートで無料で一括して調べる

手作業でAllintitleを調べる方法

まずは手作業でAllintitleを調べる方法をご紹介します。

① GoogleもしくはYahoo!をブラウザで開きます。

② 調べたいキーワードの前に「allintitle:」と入力して検索します。

ここでは例として「つわり 仕事 休みすぎ」を選びました。

③ 検索を実行するとAllintitleの件数が表示されます。

「つわり 仕事 休みすぎ」のAllintitleの件数は5件であることが分かりました。

これを調べたいキーワードの数だけ行います。
Allintitleが10件以下であればねらい目のキーワードですよ!
あと、1つ言い忘れましたがキーワードボリュームもチェックしましょう。

キーワードボリュームは「キーワードプランナー」や「aramakijake」で調べることができます。
僕の場合は、狙った月のキーワードボリュームが少なくとも100以上のキーワードを狙います。

しかし、キーワードを1つ1つ手作業でチェックするのは非常に時間のかかる大変な作業ですよね。
僕はAllintitleを調べるときは有料のキーワード選定ツールで一括で調べています。

有料のキーワード選定ツールで一括して調べる方法

有料のキーワード選定ツールはいくつか有名なものがありますが、僕が使っているツールはCatch the Webさんの「COMPASS」です。

「COMPASS」は、Allintitleの件数や関連キーワードを調べたり、GRCのようにキーワードの順位チェックができるSEO分析ツールです。
僕はこのCOMPASSという有料ツールを使っていつもキーワードを探しています。

COMPASSを使ってキーワードを探すメリットは、複数のキーワードのAllintitleの件数を一括して調べられるので、時短の効果があります。
1回1回検索エンジンにキーワードを入力してAllintitleの件数を調べるのは途方もない時間を要するので、有料ツールを使ってパパッと調べた方が楽ですよ(o^―^o)

COMPASSの料金は8,618円(税込み)で買いきりなので、アドセンスで稼ぐためにキーワードを確実に選びたいなら購入をお勧めします。

アフィリエイター専用SEO分析ツール「COMPASS」の公式ページはこちら

COMPASSを使ってAllintitleを調べる方法

それではCOMPASSを使ったAllintitleの件数を調べる方法を紹介します。
まずは調べたいキーワードをCOMPASSに入力します。

① COMPASSのトップメニューから「直接or関連」のアイコンをクリックする

② 調べたいキーワードを入力する

キーワード(改行区切りで複数)の自由入力欄に調べたいキーワードを入力します。
入力が完了したら「拡張なしで追加」をクリックします。
自由入力欄が空白になったのを確認したら「閉じる」をクリックします。

③ キーワードの検索条件の環境設定を行う

先ほど入力したキーワードが「※ドラッグ&ドロップでもCSV追加可能」の項目に表示されているのを確認します。
確認ができたらその下にある「解析開始」をクリックします。

COMPASSはデフォルトの設定のままだと1キーワードに対する検索項目が多いので、環境設定を変更します。

キーワード解析範囲を「10位まで」から「1位まで」に変更します。
キーワードinTitleの項目の「inTitle」のチェックを外します。
Topサイト集計関連の項目の「上位inTitle率」のチェックを外します。

inTitleまで調べたい方はチェックしたままで構いません。
ちなみに僕はキーワードを選ぶときinTitleはチェックしません。

上記のチェック項目が増えれば増えるほど、結果が表示されるまでに時間がかかるので、時間短縮のためにも必要最低限の設定にしておきましょう。

なお、一度設定した上記項目は記憶されるので、2度目からは入力不要です。

環境設定が終わったら「この条件で開始」をクリックします。

④ 検索結果にAllintitleの件数が表示されたら完了です

キーワード解析結果に入力したキーワードとAllintitleの件数が表示されれば解析完了です。

手順の流れを文章化すると途方もない作業に見えますが、調べたいキーワードを入力してクリックするだけの作業なのでとても簡単にAllintitleを調べることができます。

かなりの時間短縮につながりますので、ぜひあなたのパソコンにも導入してみてください。

麻倉
麻倉
有料のツールなんて購入したくないよ!

なんて声が聞こえてきそうですね(^▽^;)
無料でAllintitleを一括して調べる方法は一応ありますので、続いてはそちらの方法を紹介しますね。

Googleスプレッドシートで無料で一括で調べる方法

無料でAllintitleを一括して調べる方法は、Googleスプレッドシートを使います。
こちらの方法は、まるもさんが運営する「ノウハウ実践で稼ぐゼロイチ体験記」を参考にさせていただきました。

Googleスプレッドシートを使ったキーワードのチェック方法は無料で一括して行えるのですが、以下のような問題点がありました。

  • 数回検索するとエラーが頻発してまともにツールが使えなくなる
  • Googleからセキュリティに関する警告のメールがくる

数回検索するとエラーが頻発してまともにツールが使えなくなる

Googleスプレッドシートを使ったAllintitleの検索は無料で使えてうれしいのですが、数回ツールを使うとエラーが表示されてまともに使えなくなります。
時間をおけばまた使えるようになるのですが、時短のためにツールを使っているのにそれでは本末転倒です。

初めは僕もこのツールでAllintitleを調べていたのですが、何度もエラーが表示されて時短につながらなかったので有料のツールの購入を決めました。

Googleからセキュリティに関する警告のメールがくる

このツールを使っているとGoogleから次のようなメールが届きます。

ツール使用2日目でこのようなメールが届きました。
安全なツールなのかもしれませんが、やはりこういった警告が出てしまうと使うのをためらってしまいます。

というわけで、エラーが頻発することとセキュリティ上の問題から僕は無料ではなく有料のツールを使うことにしました。

自己責任とはなりますが、Googleスプレッドシートを使って一括でAllintitleを調べたい方はまるもさんの「ノウハウ実践で稼ぐゼロイチ体験記」を参考にしてみてください。

アドセンスで稼ぐ必須知識を
包み隠さず暴露します!

▼ メルマガの登録はこちらから ▼

まとめ

ライバル不在のキーワードを簡単に探す方法として、Allintitleを使った調べ方をご紹介しました。
ポイントをまとめます。

ライバル不在のキーワードの探し方
  • ライバル不在のキーワードはAllintitleを基準に調べる
  • Allintitleが10件以下であれば67%の確率で1ページ目に表示される
  • Allintitleは有料ツールを使って調べるのが1番効率が良い

何年もブログを運営していてドメインパワーが強いブログであればAllintitleの件数を気にせずに記事を投稿しても上位表示されるかもしれません。
しかし、まだブログを始めて間もない方やアドセンスで稼げていない方はAllintitle10件以下のキーワードで記事を投稿することを強くオススメします。

僕もAllintitleの件数が少ないキーワードで記事を投稿してから次々と記事が上位表示されて、アドセンスの報酬が伸び始めました。
もしもあなたがまだアドセンスで稼げていない、もしくはもっと報酬を伸ばしていきたいのであれば、Allintitleのチェックは不可欠です。
ぜひあなたもAllintitleの件数をチェックして記事を投稿してみてください!

今回の記事で分からないこと、聞きたいことがあればお問い合わせか、麻倉のツイッターにDMいただければいつでも質問にお答えします!

麻倉のツイッターをフォローする

麻倉
麻倉
今回の記事があなたのアドセンス作業の助けとなればうれしいです!
これからもお互い頑張りましょう!!
 

今回の記事はお役に立てましたか? 麻倉のメルマガでは、アドセンス初心者がつまづきやすいポイントについて分かりやすく説明しています。

  • キーワードの探し方
  • 記事タイトルや見出しの作り方
  • 記事の書き方
  • アクセスや収益を爆発させる方法
  

これらのポイントについて1つでもご興味のある方はぜひ麻倉のメルマガにご登録ください(o^―^o)

マンガ付きのメルマガで楽しく購読できますよ♪

それではメルマガでお待ちしてますね♪

 

アドセンスで稼ぐ必須知識を
包み隠さず暴露します!

▼ メルマガの登録はこちらから ▼

ABOUT ME
麻倉浩二
アドセンスを中心としたネットビジネスを実践して副収入の柱を立てます! アドセンスの情報を中心に、ネットビジネスに活用できる情報を発信します! ツイッターのフォロー大歓迎です!!

POSTED COMMENT

  1. いろは より:

    麻倉さん、こんばんは。
    いろはといいます。

    アドセンスを始めたいと考えているので、キーワード選定について
    とても参考になりました。

    Allintitleで探す方法やってみます!

    • 麻倉浩二 より:

      記事をお読みいただきありがとうございます(o^―^o)
      記事にも書いてある通り、Allintitleでタイトルを選ぶようになってから上位表示の確率がグーンと上がりましたので、いろはさんのアドセンスにもお役立てできると嬉しいです(*^_^*)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です