アドセンスで目指せ月収1万円!
アクセスが集まるキーワード選定、
タイトルと見出しの作り方、記事の書き方
全てメルマガで教えます!!!
アドセンス

グーグルアドセンスの収益を簡単に上げる方法!自分でちゃんと広告を選んでいますか?

麻倉
麻倉
この記事ではグーグルアドセンスで収益を簡単に上げる方法を紹介しています。

アドセンスの収益を上げる方法は様々なノウハウがあります。
例えばライバルの少ないキーワードを選ぶ、ライバルサイトよりも文字量を増やす、記事を量産するなどがありますが、どれも手間がかかったりセンスが必要だったりと、なかなか効果が現れずに苦しい思いをしますよね。

それを解決するのが今回の記事で紹介する方法です。

この方法を知っているだけで、今のあなたのアドセンス収益が1.2倍~2倍にアップする可能性があります。

まだ試していない方はぜひ今日からやってみましょう!

アドセンスで稼ぐ必須知識を
包み隠さず暴露します!

▼ メルマガの登録はこちらから ▼

グーグルアドセンスの収益を簡単に上げる方法とは?

グーグルアドセンスの収益を簡単に上げる方法とは「グーグルから自動で配信される広告をあなた自身が取捨選択する方法」です。

あなたは、自分で運営しているブログに配信される広告をあなた自身が取捨選択できることを知っていますか?
アドセンスはブログに貼ったその日から自動的に配信されるので、グーグルにすべてを任せて楽していませんか?

もちろんそれでもクリックはされますし収益が上がるので問題ないと思われますが、ブログ訪問者に関心のない広告が表示されることが多いと、それだけで見込み客をみすみす逃すことになります。

関心がないだけの広告であればまだいいですが、ブログ訪問者に不快な印象を与える広告が貼られるとその場でその記事を離脱したくなります。
そんなのもったいないですよね?

今すぐあなたのブログから不快な広告を消す方法を知りたい方はこちらをクリックしてください。

「不快な広告をブログ運営者が非表示にする方法を見てみる」

あなたのブログにも不快な広告が勝手に表示されているかも…

もしかしたらあなたが運営しているブログにも勝手に不快な広告が表示されているかもしれません。

僕が今回、広告の表示を選別しようと思った理由は以下の広告を自分のブログで見たからです。

みう
みう
うわぁ…
きもちわるい…
パパ
パパ
でしょ~
見たくないよね…

これ、超気持ち悪くないですか???
妙にリアルだし、何が目的で作られたのかサッパリわかりません。
しかもこれ、配信している会社は、あの有名な「バンダイ」です。

もちろんバンダイも良かれと思って広告を配信していると思うのですが、さすがにこの気持ち悪さはいただけません(;^_^A
しかも僕のブログは比較的女性向けの記事を多く投稿しているので、女性がこの広告を見たらページ閉じちゃいそうですよね。

ちょっとこの広告を見て僕のブログの運営危機を感じてしまいましたので、ブログに表示される広告を選別しようと思ったわけです。

ちなみにダンゴムシの広告は、クリックするとこのページに飛びます。

https://p-bandai.jp/item/item-1000129578/?rt=gocac

さすがバンダイ…
おもちゃでもしっかりと作りこんでいらっしゃる。。。

不快な広告をブロックするだけでページRPMが改善する?!

Adsenseサイトの収益率を伸ばしていく上で意識するべきは、クリック単価よりも「RPM」です。RPMとは見積もり収益額をページビュー数で割り、1000をかけた値のことです。要は1000回ページが表示された際の収益の見込み額です。Adsenseで大きく稼ぐためには、このRPMを意識してテーマを選ぶことが重要なポイントになります。

出典:Google Adsense マネタイズの教科書[完全版]

アドセンサーの先駆者として有名なのんくらさんの著書「Google Adsense マネタイズの教科書[完全版]」によると、Adsenseサイトの収益率を伸ばしていく上で重要なのはRPMだそうです。

ページRPMが改善すれば途端に収益率が改善し、アドセンス報酬が2倍、3倍なんてことも珍しくありません。
実際に僕も「ある事」を行ったら途端にページRPMが改善しました。

その「ある事」というのが不要な広告のブロックです。

先ほど例に挙げたような、不快な広告が表示されると当然クリックされません。
また、なんでも垂れ流しに広告を表示していると、単価が極端に低い広告も幾度となく表示されます。

そうなると広告のクリック率が下がり、クリック単価も下がります。
広告のクリック率とクリック単価が下がると、ページRPMが下がります。
結果、本来もっと得られるべきであったアドセンス報酬が減ってしまうのです。

僕は不快な広告をブロックしてから以下のようにRPMが途端に上がりました。

広告ブロックによるRPMの変化
  • 広告ブロック前・・・RPM512円
  • 広告ブロック後・・・RPM756円

広告をブロックしただけでページRPMが244円改善しました。
単純計算すると、広告のブロックだけでアドセンス報酬が24%UPするということになります。
しかもこれ、ごちゃまぜブログのRPMですので、なかなか優秀な数字が出てますよね。

記事を量産するより、ライバルのいないキーワードを探すより、記事の質を改善するよりも簡単なことですよね。
ですから、アドセンス報酬を少しでも多く稼ぎたいのであれば、不要の広告をブロックすることをお勧めします。

どのような広告をブロックすべき?

それでは、どのような広告をブロックすべきなのでしょうか?
僕が考えるブロックすべき広告は以下の4通りです。

ブロックすべき広告
  1. 楽天市場、Amazon.co.jp、Criteo
  2. マンガ系の広告
  3. 英語、外国語表記の広告
  4. (おまけ)お名前.com、ココナラ

① 楽天市場、Amazon.co.jp、Criteo

楽天市場、Amazon.co.jpは言わずと知れた有名な通販大手の会社です。
Criteoとは楽天やAmazonで検索した商品を広告上に再表示させる「リターゲティング広告」を出している会社です。

このような広告が表示されます。

検索履歴に従って表示される「リターゲティング広告」はクリック率も低くなく、収益に貢献してくれるので一概に悪いとも言えません。
僕のブログでもCriteoだけで収益全体の7%を占めていたので決して効果が出ないわけではありません。
クリック率は0.4%、クリック単価は23円とまずまずです。

しかし、キーワード選定がしっかりとされた記事の場合は単価の高い広告が配信されますので、リターゲティング広告を外してしまった方が収益率は上がるでしょう。

また楽天アフィリエイトやAmazonアソシエイトで収益を上げている特化ブログの場合は、このリターゲティング広告をブロックすることをオススメします。

ブログ訪問者にリターゲティング広告をクリックされてしまうと、楽天やAmazon、Criteoにアフィリエイト報酬を奪われてしまいますので、楽天アフィリエイトやAmazonアソシエイトで収益を稼いでいる人はブロックしておいた方が無難でしょう。

② マンガ系の広告

つづいてブロックしておいた方がよい広告は「マンガ系の広告」です。
マンガ系の広告は配信の範囲が広く、ほぼすべてのブログに表示されるといっても過言ではありません。
特にモバイル向けに配信されている印象があります。

有名な漫画やおもしろそうな漫画を広告に使ってくれるならうれしいのですが、かなりの割合で下品な広告が配信されます。
いくつか例を挙げます。

music-book.jp
sp.comics.mecha.cc/
ebookjapan.yahoo.co.jp
みう
みう
なんか見ていて気持ちよくないわね
パパ
パパ
でしょ?
なんかちょっと不快だよね

あなたはこれらのマンガで「見たい!」と思うマンガはありましたか?
僕は1冊もありません。

なぜかアドセンスで配信されるマンガの広告はイジメをテーマにしていたり、セクシャルな内容をテーマにしていたりすることがほとんどです。
読みたいって思う人がいるんでしょうか?

それぞれの運営会社は悪くないのかもしれませんが、マンガから受ける印象は良くはありません。
しかもこれがあなたのブログにも表示されている可能性があるということです。
これは少し危機感を覚えなければならないかもしれませんね。

ブログ訪問者が関心を持たないどころか不快な印象を与えてしまっては、あなたのブログの名誉も傷つきます。
もしもあなたも同じことを感じたのであれば、これらの広告はすべてブロックしましょう。

ちなみに具体的なブロック方法は後述しますので参考にしてください。

「今すぐ不快な広告をブロックする方法を見てみる」

③ 英語、外国語表記の広告

僕は英語表記、外国語表記の広告もブロックしています。
様々なドメインから広告が貼られているので、自分の目で見て確認して手動でブロックしています。
例えばこんな広告が表示されます。

www.ibm.com
artnet.com
airbnb.jp
みう
みう
何書いてあるのか
全然読めないわ
パパ
パパ
パパも全然読めない
スルーしちゃうね

いやいや、英語で表記されても…(笑)
ましてやハングル文字なんて何書いてあるかわかりません。

中にはリンクの飛び先が日本語表記になっている広告もありますが、そのほとんどが外国語です。
そんな広告貼る意味がありますか?
僕には必要性を感じないので、これらもブロックしました。

④ (おまけ)お名前.com、ココナラ

あとはオマケです。
アドセンスを貼り始めたばかりの時によく表示される印象の「お名前.com」。
多分単価低いですし、クリックも見込めませんのでブロックです。

ココナラは楽天やAmazonなどと同じで、検索履歴を使ったリターゲティング広告を配信しています。
それ自体は悪くないのですが、リターゲティングがゆえに望まれない広告も配信されます。
ココナラのリターゲティング広告には仕事内容のタイトルが表示されますが、その中にはアドセンスの規約に抵触する内容が含まれていることがあります(セクシャルな表現など)。

もともとココナラの広告いらないなぁと思っていたのでブロックしました。

不快な広告をブログ運営者がブロックする方法

それでは、自分のブログに表示される不快な広告をブロックする方法をご紹介します。

僕が行った広告の選別方法は主に3つあります。

広告をブロックする方法
  1. ドメイン指定で広告をブロックする
  2. 自分の目で見て広告を選別して手動でブロックする
  3. 「言語」を指定して外国語の広告をブロックする

それぞれの方法を紹介していきます。

① ドメイン指定で広告をブロックする

この方法は、その広告主が配信する広告を一括してブロックしたいときに使えます。
例えば先ほど挙げたリターゲティング広告(楽天、Amazon、Criteo)やマンガ系の広告などですね。
広告の1枚1枚を手動でブロックしていると埒があきませんので、ドメインごとブロックするのを推奨します。

手順は以下のとおりです。

① アドセンスのホーム画面から「ブロックのコントロール」を選択

Googleアドセンスのサイドメニューにある「ブロックのコントロール」をクリックします。

② 「All sites」を選択

ブロックのコントロールのドロップダウンリストから「All sites」をクリックします。

③ ブロックしたいURLを指定して広告をブロックする

上記のような画面になりますので、ブロックをしたい広告のドメインをhttps://を除いた状態で入力します。
URLをブロック」をクリックすると、選択した広告がブロックされ、二度と表示されなくなります。

参考に、僕がブロックしている広告のURLを載せておきます。

サイト名 URL
BookLive booklive.jp
Campfire camp-fire.jp
eBookJapan www.ebookjapan.jp
honto honto.jp
Renta! renta.papy.co.jp
Renta!(英語版) www.ebookrenta.com
Shutterstock www.shutterstock.com
TOPMANGA topmanga.jp
Yahoo!ブックストア bookstore.yahoo.co.jp
ギャラクシーコミック ‪galcomi.jp
ココナラ coconala.com
コミックシーモア www.cmoa.jp
コミックシーモア読み放題 yomiho.cmoa.jp
コミックフェスタ comic.iowl.jp
コミなび mechacomi.jp
ハンディコミック sp.handycomic.jp
ブックパス www.bookpass.auone.jp
マンガBANG! manga-bang.com
まんが王国 comic.k-manga.jp
めちゃコミック sp.comics.mecha.cc
ヤフオク auctions.yahoo.co.jp
リングドリーム ringdream.jp
レジンコミックス www.lezhin.com
楽天マンガ manga.rakuten.net
日刊アプリ nikkanapp.com
アマゾン www.amazon.co.jp
楽天 www.rakuten.co.jp
お名前.com onamae.com
DMM www.dmm.com

Criteoをブロックする方法

Criteoをブロックさせる方法は上記の方法と異なります。
先ほどURLをブロックさせたのと同じページの、上部にあるタブに「広告ネットワーク」というタブがありますのでそれを選択します。

画面右上にある検索ボックスに「Criteo」と入力し、検索して出てきたものをすべてブロックします。
これでCriteoのブロックは終了です。

② 自分の目で見て広告を選別して手動でブロックする

英語や外国語で表記された広告は様々なドメインから配信されているため、実際に自分の目で見て手動でブロックします。

(2018.11.27追記)外国語の広告のブロック方法は、③ 「言語」を指定して外国語の広告をブロックする方法でブロックするので、そちらをご覧ください。

ただし言語を指定して広告をブロックしても、ブロックしきれず外国語の広告が表示されているのを確認していますので、やはり手動のブロックが確実です。

手順は以下のとおりです。

① アドセンスのメニューから「広告レビューセンター」をクリックする

アドセンスのサイドメニューから「広告レビューセンター」をクリックします。

初期状態では広告の審査ができませんので、まずは広告の審査をアクティベートさせます。
しばらくすると上記の図のように、実際にあなたのブログで表示された広告が表示されます。

② 問題のある広告をブロックする

問題のある広告があれば、左下のアイコンをクリックして広告をブロックします。
(上記の場合であれば赤く表示している広告)。

ブロックするとこのようにグレーアウトします。
ブロックした広告は「ブロック済み」に振り分けられます。

その他に問題となる広告がなければ、右下の「すべて審査済みとしてマーク」をクリックします。

手動による広告のブロックは以上となります。

③ 「言語」を指定して外国語の広告をブロックする

※ 2018.11.27追記

配信されている広告の中には外国語の広告が表示されていることがあります。
外国語で表示されている広告は、その大半がその国の言語で表示されるのでブロックしておいた方が賢明です。

これから説明する方法でブロックすれば、外国語の広告を一括で表示して簡単にブロックできますのでぜひ行っておきましょう。

① アドセンスのメニューから「広告レビューセンター」をクリックする

アドセンス公式ホームページのサイドバーから「広告レビューセンター」をクリックします。

② 右上の検索バーをクリックする

右上に表示されている「テキスト、URL、ドメインなどで広告をフィルタまたは検索してください」を左クリックします。

すると、ドロップダウンメニューが表示されるので「言語」を左クリックします。

② ブロックする言語を選択する

ブロックしたい言語のチェックボックスをクリックします。
チェックが終わったら「適用」をクリックします。

僕の場合は12%が外国語の広告でした。
12%無駄な広告を表示させていたことになりますね。

③ 「審査済み:広告の検査結果○○件」をクリックする

外国語のフィルタリングが終わると、外国語の広告の件数が審査済み、ブロック済みそれぞれ表示されます。
僕の場合、審査済みの広告の中にも47件外国語の広告があったようです。

ブロック済みの広告はそのままで構いません。
審査済みに外国語の広告が表示されていればブロックしましょう。

「審査済み:広告の検査結果○○件」をクリックします。

④ 審査済みの外国語の広告をブロックする

すると、審査済みの広告の中にこれだけの外国語の広告が出てきました。
これを手作業でブロックしていきます。
左下のアイコンをクリックしてブロックしていきましょう。

外国語の言語でフィルタリングしても日本語の広告が表示されることがあります。
その場合はブロックせずに審査済みのままとします。

初め、言語でフィルタリングする機能はそのままブロックもしてくれると思ったのですが、どうやら広告のブロックドメインをブロックするか、手作業が基本となるようです。

ですので、外国語の広告を自動でフィルタリングしてブロックする方法は今のところなさそうです。

以上が言語を指定して広告をブロックする方法でした。

自分のブログに合った広告を選ぶことの効果

これほど頑張って不快な広告をブロックしてどのような効果があるのでしょうか?
僕が考える広告の取捨選択の効果は主に2つあります。

まず効果の一つは「ブログ訪問者を広告で不快な気持ちにさせない」ことが挙げられます。

ブログ訪問者さんが意図しない広告が表示されるのはブログ運営者としても本望ではありません。
あなたが一生懸命書いた記事を広告で汚してしまっては、あなた自身も浮かばれません。
ユーザーファーストで考えるなら広告を取捨選択しましょう。

そしてもう一つの効果は「クリック率、クリック単価が上昇し収益が簡単に上がる」ことが挙げられます。

クリック率が上がる理由は、ブログ訪問者に合った広告が配信されやすくなるのでクリック率が高くなるからです。

クリック単価が上がる理由は、単価の低いマンガ広告やリターゲティング広告を排除することによって、必然的に単価の高い広告が配信されやすくなるのでクリック単価が高くなります。

僕は広告を自分でブロックしてから、ページRPMが平均200円程度上がりました。
ごちゃまぜブログですが、今月のページRPMは756円です。
まだデータを集計中ですので、出来上がったらここに追記しようと思います。

ブログ運営者は自分が広告を配信していることを自覚しよう!

グーグルアドセンスはGoogleが自動的に広告を配信するから、クリック率やクリック単価は意図的に操作できないと思っていませんか?
もちろん間違いとは言いませんが、今回紹介したようにブログ訪問者が望まない広告をブロックすることで、ある程度目に見える数字の変化を体感できると思います。

ライバルのいないターゲット選定やライバルサイトのリサーチ、記事の量産よりも遥かに簡単にできる方法ですので、ぜひ試してみてください。

そして効果が現れた、もしくは何も変わらなかったなどがあれば、こっそり僕のツイッターにDMください(o^―^o)
僕のツイッターアカウントはこちらです。

麻倉のツイッターをフォローする

今後の研究の参考にさせていただきますし、もちろん形になったら記事として投稿しようと思います。

今回の記事で取り上げたのんくらさんの書籍「Google Adsense マネタイズの教科書[完全版]」は、アドセンス実践者にとって必読の教科書です。
ぜひお手に取って読んでみてください。

Google AdSense マネタイズの教科書[完全版] [ のんくら(早川修) ]

created by Rinker
¥1,998
(2019/02/21 15:12:25時点 楽天市場調べ-詳細)

アドセンスで稼ぐ必須知識を
包み隠さず暴露します!

▼ メルマガの登録はこちらから ▼

まとめ

グーグルアドセンスの収益を簡単に上げる方法についてご紹介しました。
やっぱりブログを運営するなら少ない記事数でたくさん収益を上げたいですよね。

もちろん記事の更新は欠かしませんが、少しでも収益の効率が上がるように日々研究中です。
また、何か参考になることが分かれば記事にしますので、応援よろしくお願いします!

みう
みう
アドセンスの広告って貼ればいいものでもないのね
パパ
パパ
そうだね
ちゃんとユーザーのことも考えて貼らなきゃだよね
みう
みう
それくらいの気遣いを家族にも見せてよね
パパ
パパ
が、頑張ります!!!
 

今回の記事はお役に立てましたか? 麻倉のメルマガでは、アドセンス初心者がつまづきやすいポイントについて分かりやすく説明しています。

  • キーワードの探し方
  • 記事タイトルや見出しの作り方
  • 記事の書き方
  • アクセスや収益を爆発させる方法
  

これらのポイントについて1つでもご興味のある方はぜひ麻倉のメルマガにご登録ください(o^―^o)

マンガ付きのメルマガで楽しく購読できますよ♪

それではメルマガでお待ちしてますね♪

 

アドセンスで稼ぐ必須知識を
包み隠さず暴露します!

▼ メルマガの登録はこちらから ▼

ABOUT ME
麻倉浩二
アドセンスを中心としたネットビジネスを実践して副収入の柱を立てます! アドセンスの情報を中心に、ネットビジネスに活用できる情報を発信します! ツイッターのフォロー大歓迎です!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です